>>お問い合わせ

福祉施設の不足

現在の老人保護施設の中で普遍的であるものは有料老人ホームということができる。有料老人ホームを除いては老人を受け入れ保護したり医療リハビリのための機関や施設などは零細な状態だ。 ただし利用施設として老人会館,老人学校などがあるがこれは余暇を活用するための施設であって直接的に老人の生活保護のための施設ではない。すなわち国家から一定の補助金でも支援を受けることでもない単純に民間の自律的な余暇活用場所に過ぎないのだ。このような施設の状態で施設保護サービスの問題点を入れるならば次の事項を指摘することができる。
まず第一に有料老人ホームの施設の数が絶対的に不足しているという点だ。
二番目に有料老人ホームの施設保護サービスが単純な生活保護の水準に留まっている。
三番目老人福祉施設、有料老人ホームに対する固定観念のために保護施設の発展に大きな障害になっている。
四番目、有料老人ホーム施設の自らの財政能力が非常に微弱だ。
五つ目、有料老人ホーム施設従事者の数が絶対的に不足していて、さらに施設従事者の専門家の数が少ない。
老人福祉と関連した財政は大きく公共財から支援されるのと地方自治体で支援することで分けられる。老人福祉財政は一般的に公共領域は税金を財源でする場合が多く、民間領域は多様な形態の民間財源を動員する。 今日では公共と民間の財源らが相互混ざり合っていて、このような財源らが合わされて有料老人ホームなどの施設や機関が運営されている。 公共財源及び地方政府による公共負担金または補助金(社会福祉事業基金含む)は、民間財政、政府機関以外で支援される財政として@利用者負担金,A法人の負担金,B有料老人ホーム、老人福祉施設に入所された老人が死亡した場合に残した遺留品(金銭,有価証券),C地域社会の寄付金,Dその他民間資金の投資などを上げられる。
政府予算で社会保障予算が占める比率が相対的に低く特に老人福祉の公共部門予算は他の予算と比較すると大変少ない。

超高齢化社会に対して、これからさらなる充実した福祉施設、老人ホームなどが必要とされている為、福祉に対する、国の予算をもう少し増やす事が重要である。

pickup

Last update:2016/4/25

Copyright (C) 2008 豊かな老後の生活. All Rights Reserved.