>>お問い合わせ

有料老人ホームの地域との関わり

最も理想的であるところが米国アリゾナ週にある有料老人ホームだ。この有料老人ホームは 1960年に2,448万坪に建設され、55才 以上(実際には家族の中最小55才以上の人がひとり以上あれば良いということ) 4万人以上が居住していて一般独立住居,依存住居,総合病院および一般個人議員, 公共クリニック,7個のレクリエーションセンター,宗教施設,11個のゴルフ場,体育施設,教育施設,銀行などがある。
国によりアメリカは重大規模の継続保護引退共同体型,イギリスを始めとしたヨーロッパは監視集合住居型,オーストラリアは小規模の継続保護引退共同体型,日本は有料老人ホーム型が多いほうだ。有料老人ホームは今後高齢化社会が進展するということによってその需要がより一層大きくなると予想される。老人が社会の中に疎外されないようにすることが最も重要なので老人が別途の住居団地を成し遂げて生活しても地域社会と密接な関係を持って相互関連するようにすることが望ましい。


 したがって先進国の有料老人ホームは地域社会との多様な連係プログラムを持っていて老人たちが常に地域社会に簡単に接近することであって、地域社会の人々も有料老人ホームの施設を利用する事が望ましいいし、そうである。今後、有料老人ホームの開発と運営で重要視しなければならない事項の一つは有料老人ホームが地域社会と密接な関係を持つようにして地域社会のすべての世代が統合的に似合うことができる多様なプログラムや施設を用意することだ。

check

パネライ 買取

最終更新日:2017/1/30

Copyright (C) 2008 豊かな老後の生活. All Rights Reserved.