>>お問い合わせ

先進国有料老人ホームはどのように運営されるか?

去る二三十年間私たちの社会で老人問題が順次深刻な社会問題と認識されてきた。特に2000年から65才以上老人人口が7%を越える高齢化社会(aging society)で進入するということによって有料老人ホームに対する関心が大きく増加している。

シルバータウン(silver town)は韓国にだけ通じる言葉だ。これに該当する英語圏の話は'引退者共同体(retirement community)'または'引退者の村(retirement village)'だ。日本では一般的に'有料老人ホーム'という言葉で使われている。

高級有料老人ホームは経済的余裕がある老人たちが日常生活と健康管理に必要な便宜施設とサービスを整えた住居団地または集合住宅で生活する場所をいうが具体的には有料老人住宅または有料老人住宅と有料老人ホームが結びついた形態をいう場合が大部分だ。

外国での老人ホームの呼び方
@療養施設(nursing home)
A依存集合住居(assisted living housing)
B監視集合住居(sheltered housing)
C独立集合住居(independent living housing)
D継続保護引退共同体(continuing care retirement community:CCRC)
E大規模総合タウン(large town)等

療養施設型は有料老人ホームと似た形態で一人で日常生活を出来なくて医師,看護師,社会福祉士などの助けが常に必要な人々が共同で生活する施設として40〜50人で数百人まで一緒に生活する施設でほとんどすべての先進国にある。

依存集合住居型は健康がだいぶ良くないが誰がそばで助けてくれれば自ら独立的な生活をすることができてプライバシーが保障されるワンルーム アパートのようなところに生活して食事や趣味,レクリエーション活動などは共同でしながら少ないのは40〜50人で数百人まで一緒に生活する施設だ。このような形態は特に1980年代以後アメリカで急激にたくさん生じた形態なのにオーストラリアや日本などに大きく広がっている。

監視集合住居型は健康にほとんど問題がなかったり若干問題がある老人たちが10〜30世代単位である集合住宅に生活して健康問題があると直ちに発見して措置を取ることができる監視の(warden)を置いている住居形態だ。この形態は主に英国,スウェーデンなどのヨーロッパに最もありふれている。

そして独立住居型は元気な老人たちがアパートや一戸建て住宅団地で生活して老人に便利な健康増進施設や生活便宜施設を整えている住居形態だ。主にアメリカやオーストラリアなどにたくさんある形態で便宜施設は日常生活便宜施設だけでなくゴルフ,テニス,ゲートボール施設などを整えたところも多い。

継続保護引退自供胴体型は独立住居, 依存住居,療養施設中2種類以上が混ざり合った場合をいうのに最も多い形態は三つが全部取りそろった形態だ。 この形態には少ないのは100人余りで多くて数千名が生活する規模で健康状態の程度により多様に利用できる医療施設,生活便宜施設,スポーツ施設などが総合的に取りそろった場合が多い。この形態は1980年代からアメリカ大きく流行し始めてオーストラリアやヨーロッパなどに広く広がっている。大規模総合タウン型は数十万坪から数百万坪に達する小都市のような形態で独立住居一戸建て住宅,独立住居アパート,依存住居, 療養施設,病院,生活便宜施設,公園,スポーツ施設,公演会場,行政施設などが取りそろった小都市のような所だ。

依存集合住居型ワンルームで独立生活…食事などは共に
監視集合住居型グループ内保護者常駐…英国などヨーロッパ モデル
独立集合住居型老人ための便宜施設整えた単に形態
引退自供胴体型療養・依存・独立型混合…米国で流行
大規模総合タウン病院・行政施設まで整えた小都市規模

Favorite

2016/7/21 更新

Copyright (C) 2008 豊かな老後の生活. All Rights Reserved.